FC2ブログ
縁側文庫
日々新鮮な生活を送るために、繰り返される日常を楽しく過ごすために始めました。 いろんなジャンルの読み物が集まる私設文庫のようになればいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乳化の妙 ~ 鱈とじゃがいものローズマリー風味
tara「こんなんでいいのか!?」と思うけれど、
でき上がったものを食べるとおもてなしにも十分通用するお料理♪
ただし、正式な量がわからないので全て「適当」でお許しを。



・直径20センチ程度のふた付きの鍋を用意する。
・じゃがいも 
  男爵がよい。
  皮をむいて1~1.5センチ程度の厚さに切り、鍋底1段~2段ぐらい敷く。
・鱈
  生がいいと思う(塩鱈でもいいけどそのときは加塩は控えめで)。
  一口大強程度に切ってじゃがいもにの上にのせる。
・ブラックオリーブ
  種抜き丸型が理想。3~4個ころころと入れる。
  2つぐらいにちぎって散らしてもよい。
・ローズマリー
  生なら5センチ程度。乾燥したものなら適当にばら撒く。
・白ワイン、オリーブオイル
  1:1の割合で、全量がじゃがいもの浸る程度まで注ぐ。
・そして塩、白コショウをぱらぱら。
・蓋をして中火で10~15分程度、じゃがいもがやわらかくなればでき上がり。
・盛り付けだが、皿にあるのは白と黒のものなので、あれば生ローズマリーを添えると皿が締まる。黒コショウを上に挽いてもよい。

どんなものになるのかと思うが、ワインとオイルが乳化してソースになってしまうのだ。
凝った感じの煮物風になるけれど、ハハハ、なんの技術もいりません。

ぜひお試しを。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 縁側文庫 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。