FC2ブログ
縁側文庫
日々新鮮な生活を送るために、繰り返される日常を楽しく過ごすために始めました。 いろんなジャンルの読み物が集まる私設文庫のようになればいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半年前の釜山ビンボー旅行(4)~素晴らしいナイトツアーとデジクッパ
釜山の観光スポット「ダイヤモンドブリッジ」。
海岸から七色の光を放つ巨大大橋だ。
私のミッションは「眺めて、そして渡ること」。
タクシーを利用し、渡り終えると最も近い地下鉄駅で降ろしてもらい、自力で帰るというのがミッションの全貌だ。
フロントでその旨を伝え、タクシーを呼んでもらい、ついでにミッションの説明もしてもらう。
運転手は少し日本語がわかる人で、案の定、売込みを開始してきた。「写真撮影で車を止める、橋を渡る料金も込み、ホテルまで送ってやる」で5万ウォンだったが「地下鉄で帰らしてもらうわ」と私達。
結局、停車撮影あり、ホテルまで送って3万ウォンで決着☆

ダイヤモンドブリッジ周辺のネオンたち









橋が見える海岸は橋のライトアップも素晴らしいのだが、沿道のネオンがそれ以上に綺麗。
ホテルや飲食店がびっしり並んでいるのでネオンの規模も大きくて途切れることがなく昼間のような明るさなのだ。
もちろん、橋からの眺めも素晴らしくお手軽観光にしては深く感動できたひとときだった。

デジクッパの全容。すばらし~夕食はどうしよう…となり、ホテル付近にさしかかったところで運転手に相談。値切っておいてガイドまでさせるのか!と怒ることもなく、このあたりでとデジクッパのお店を案内してくれた。





デジクッパとはとんこつスープの雑炊で白濁したスープにネギ、薄切り肉、ご飯が入っているのだが、あっさりして辛くはない。しかしながら真っ赤なコチュジャンが添えられているのはもちろんで、地元の人は瞬く間に赤い雑炊にして食べる。
普通のものは3500ウォン!内臓入りは4500ウォン!ッサダ!ッサダ~!(安い!)

店の名前はマッコリサロン安さに感動しながらホテルに向かうと正面にマッコリバーとな!
「行ってみましょうよぉ~」と韓子。明日帰国するし、これだから2泊3日はつらいよなぁと入店。
これが満席。でも私達までが座れたのは強運なのかしらと、マッコリメニューとの格闘がはじまった…。


たぶん、作った人の紹介なんだろうね値段や産地程度はわかるのだがほぼお手上げ状態のため、いわるゆ「ジャケ買い」しようということになりマッコリのならぶ冷蔵庫で好きなラベルデザインのボトルを選んだ。









つきだしはふかしたコグマ(さつまいも)。どこまでいも好きな国民なんだろう!
ラブリーでカラフルな食器で登場!でかい!
テーブルがさみしいからとキムチジョン(キムチチジミ)を注文したのだが、どうよ!この大きさ!



マッコリ1本6000ウォン、ジョン1枚10000ウォンで満腹2次会を終了した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 縁側文庫 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。