FC2ブログ
縁側文庫
日々新鮮な生活を送るために、繰り返される日常を楽しく過ごすために始めました。 いろんなジャンルの読み物が集まる私設文庫のようになればいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半年前の釜山ビンボー旅行(2)~垢すりはソウルのほぼ半額
プサンナリエ。明るくてきれいでした夕食終了後、唯一下調べをしていたサウナを探す。
誰に尋ねても「オプソヨ~」。何と!つぶれていたのだ!お風呂は!垢すりは!どうしよう…。
ホテルでたずねてみると近所のビルにあるサウナを紹介してくれた。
入場料は確か9000ウォン程度。これが…過去最高に地元向け…。
強烈だわ~。不安だわ~。






サウナのユニフォーム風呂場の入口には山積みになった使用済みタオルの山(写真の右下をごらんあれ)。

だらしなく座っているねぇちゃんに垢すりをリクエストすると、床に寝そべって休憩している垢すりねぇさんに「仕事はいったよ~」的な指示をしてくれた。


垢すりねぇさんはなかなか愛想がよく、しばらく呼ぶまで待ってろ的なことを言い、韓子と2人湯船に入っているよう指示を出した。

ここで驚きの発見!浴室にトイレがあるのだ!
日本では浴室エリアに行く前にトイレを済ませておくルールがあるのだが、ここでは入浴中にトイレをすることが出来るのだ!なんて合理的なの~と少し感動。
垢すりには洗髪、マッサージ、保湿ジェルの塗布が付いていた。
一体いくらなんだろうか…と、出てから例のねぇちゃんに確認すると25000ウォンとのこと(2000円程)。ッサダ!ッサダ~!(安~い!)

例によってホテルに帰ったのは深夜1時。
夕方以降、かなり濃かったわ。
それを見守るギネスビール広告塔のイケメン☆ウソン像悪趣味な待ち合わせ広場。すごいセンス
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 縁側文庫 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。