FC2ブログ
縁側文庫
日々新鮮な生活を送るために、繰り返される日常を楽しく過ごすために始めました。 いろんなジャンルの読み物が集まる私設文庫のようになればいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みのりちゃんとガメイたち
11月の第3木曜日、今年も解禁日がやってきた。
報道によると安いワインがどんどん入ってきているという。当日、三宮のドンキにリサーチに行ったが例年と変わらず2000円前後のものが並ぶのみ。売れちゃった?と鯉川のワイン店をのぞいてみても状況は変わらず。報道は東京のお話なのね。その週の日曜にパリパリさんが梅田阪神をのぞいたところ何と「ヌーボーは売り切れ」。
我が家のヌーボーまつりの開催が危ぶまれる事態となった。

今年のメニューは次のとおり。
◇ ブルスケッタ(トマト、サーモンとクリームチーズ)
◇ ナスとトマトソースのチーズ焼
◇ かぼちゃとベーコンのマスタード炒め
◇ 鯛とラ・フランスの冷製
◇ 蕪と鶏肉の煮物
◇ ラム肉の香草焼
◇ ニューヨークチーズケーキ、プリン




ヌーボーは売っているのだろうか…と、コストコとイオン(旧カルフール)に向かったところ、コストコには見当たらず、イオンでは「一度きりの入荷ですべて売り切れです」。
稲実嬢がかろうじて神戸ワインのヌーボー「みのり」を差し入れてくれるので、まつりとしては成り立つのだが、やっぱりガメイ種のヌーボー(ボージョレ・ヌーボー)を飲まないことには気分が出ない。

コストコでうろついてると、parisparisさんが発見!「ガメイで作ったちゃんとしたワインがあるよ!」「いい機会なので何とかヌーボーを探して飲み比べてみよう」ということで確か800円程度のフルーリー村の2008年ワインを購入。
御影クラッセでサッポロビールが輸入しているラブレ・ロアが見つかったので高いけど購入。今思うと800円のワインを試すためのヌーボーに倍以上のお金を払ったことに…。

トゥモローランドのオリジナルラベル。今年は華やか☆まずはラブレ・ロア
なぜか3年連続で飲んでいる。「これぞヌーボー」でガブガブとジュースのように飲めてしまうフレッシュなワイン。
高くなければいろんなヌーボーを飲み比べてみたいのだが1本1500円を超えるとなるとどれもフレッシュなだけではちょっとアホらしくなってくる。季節ものとはいえ、もう少し安ければなぁ…








ラベルにはぶどうにいちじく、きのこにイチゴ?とにかく収穫を祝うって感じ~続いて神戸ワイン「みのり」ちゃん。
地産地消をモットーに地元産のメルローで作ったヌーボーだ。ラベルには「私たちの食卓に自然に溶け込むワインです」とある。
今年のみのりちゃん、お味の感想は「え、これってワインやん」。フランスと神戸ではヌーボーの考え方が違うのだろうか?2者をヌーボーという言葉でくくることは難しいと感じた。
ヌーボーにしてはしっかりした味で、ラベルのキャッチコピーが軽すぎると思えるほどコクや渋みがあったからだ。
正直なところみんな「みのり」ちゃんのことを心配していたのだが、普通に美味しいワインだった。



ラベルはシンプル。確かに高級そうには見えないが…で、ダークホース、フルーリー村のガメイちゃん。
parisparisさん曰く「安いとはいえボージョレ地方では有名な村」。
稲実嬢曰く「コストコワイン(コストコ直輸入ワイン)って美味しいと聞いた」。
いずれも間違っていません!これ美味しいです!


コクと渋みのバランスもよく、なんだかフレッシュ感もあったりなんかして飲みやす~い!「ちゃんとしたAOCで800円たぁ、コストコさんやってくれますね」「今度行ったら絶対買うわ」「ヌーボーって年数経ったらこんな感じなんだぁ」

コンビニで叩き売られる去年のガメイヌーボーたち~。待っていなさい、私が買ってあげま~す!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 縁側文庫 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。