FC2ブログ
縁側文庫
日々新鮮な生活を送るために、繰り返される日常を楽しく過ごすために始めました。 いろんなジャンルの読み物が集まる私設文庫のようになればいいな。
タッパルへいざなってよいものか…
ちいさくってもすごい威力!小粒でピリリどころではない…「タッパル(닭발 )」。
文字どおり「鶏の足」。
かなり、辛い。







飲茶にも鶏の足を使った料理はあるのだが、韓国にもあった!
日本ではスープにしか使わない鶏の足を食べようという意気込み、手がべたべたになるので手袋して食べること、そして日本ではなかなかお目にかかれない料理ということで、今回の旅の目玉として挑んでみることにした。

朝方まで営業しているのでタレントにも人気のようだ地下鉄新沙駅を出てすぐの「ホンミタッパル」。
タッパル専門店で、店も広く、満席・行列のできる店だ。
SS501のヒョンジュンと東方神起のジェジュンの逸話が残る店として知られているらしい。


頼んだものはタッパル2種、ケランチム(茶碗蒸し)、のりご飯。飲み物はビール。
タッパルには骨付きと身だけになったものがあり、「骨付き」は辛いものしかなく、「身だけ」は辛いのと比較的辛くないものが選べる。私たちは骨付き1と辛くない身だけを1、頼んでみた。



でも店員は「ホントニ辛イデス。イイデスネ、ダイジョウブネ」と激しく念を押す。韓子と私は、ナクチポック(蛸の激辛炒め)をチャーハンまで完食した経験があることから「大丈夫だい!」と大きくうなずき、稲実嬢はヤギを食べた人間、聞くまでもない。

これが熱々で手袋しててもやけどしそうなくらい!ビールで乾杯しているうちにのりご飯登場!
白ご飯に刻みのりが乗っているどんぶりご飯なのだが、これをまずピンポン玉大のおにぎりにして待機させておく。隣の男子は片手でにぎにぎして彼女のためにどんぶりに並べてあげていた。



やってきましたタッパルたちが!そのグロテスクさにおののきつつも、骨付きをパクリ!
ってこれどうよ~~~!
何羽分の足が盛られているのか。赤くないので平気と思ってはイケナイ脱いだ手袋を連想させるいでたち。なめてはいかんぜよ~
味といえば炭焼きのにおいと辛さの2つだけで、それもかなり激辛、3人とも撃沈…。
もう、唇が倍以上の腫れているのではないかと思うくらいすごい!

どどんとケランチム。ここのはスがたってなくてきれいでした!「あか~ん!」とケランチムをパクつくが、ご丁寧に熱々の茶碗蒸し!こんなのを食べたって、倍増どころかさらに辛さ無限大に達することに~。
辛いものだからついついビールに手を伸ばすのだが、炭酸飲料はこの激しい辛さを倍増させる!
ならばとおむすびにしたのりご飯をたべてやっと倍増と無限大を沈めることはできたのだが、唇が倍になっているかも?の疑いが消えるわけではない。

周りを静観してみると、ペーパーナプキンを敷き、1本の骨付きを間接ごとにポキポキと折ながらむしゃむしゃと食べ、チャミスル若しくはチャミスルを紙パックで提供されるジュース(パイン、モモ)で割ってチビチビと飲んでいる。どうやらケランチムも冷めるまで待っている様子で、パクパクと食べている風でもない。

う~ん、とにかく食べようぜとがんばるが、そんなに箸がすすむ(手がすすむ?)わけでもなく、鼻と口の周りの毛穴という毛穴を全開させながら頑張ったが完食には至らなかった。

3人の意見を総合すると、次の通り。
 ・できれば食べる前に牛乳を飲んでおく(胃壁の保護)
 ・炭酸飲料を避け、ケランチムを完全に冷まして臨む
 ・ちびちびと少しづつ食べるほうがいい、かも
 ・絶対に食べたほうがよいとは言えないが、この辛さを経験することは大切

店内女子率高し!
コラーゲンと唐辛子のカプサイシン効果を狙ってのことなのか!?
別の方法だってあるだろうに…
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 縁側文庫 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.