FC2ブログ
縁側文庫
日々新鮮な生活を送るために、繰り返される日常を楽しく過ごすために始めました。 いろんなジャンルの読み物が集まる私設文庫のようになればいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すでに「ニッポンの風物詩」
ボージョレ・ヌーボーの4割が日本に輸出されているらしい。
確かにサントリーのデュブッフばかりだったのにいろんなヌーボーワインを見かけるようになった。
私も類に漏れず、毎年11月の第3木曜には集まってヌーボーを飲んでいる。
これっていつの間にか季節の行事に組み込まれているのよね~。
今年もparisparis邸で開催!

今年は昨年同様、TOMORROWLANDのラベルデザインでサッポロビールが輸入している、ワインを選んだ。サッポロビールが以前輸入していたニュージーランドのワインも気に入っていたのでその選択の良さも理由のひとつなのだが、「ヌーボーはワインになりかけのワイン」ということもあり、味は二の次、ラベルのかわいさに重点を置いて選んでいる。
しかし、サイトを見ると「無濾過」バージョンもあるので、ジャケット買いは中止してそちらをチョイス。
parisparisさんの話によれば「ちょっとブームなんよ」とのこと。乗れてよかった。

お料理は次のとおり
1 偽キャビアとクリームチーズ、自家製リエットのカナッペ
2 鯛とラ・フランスの冷製
3 鶏と野菜のワイン煮込み
4 牛肉のタリアータ
5 ジャガイモのクリームグラタン
6 ニューヨークチーズケーキ


1はparisparisさんが昨年の冬にフランスの家庭で豚の命をいただいて、地元のみんなで加工食品を作る会に参加したときの成果品である「リエット」をたっぷりのせた。このリエットは美味しかった。





2は皇室の元料理人のレシピ本からのもの。昆布茶でしめて、タラゴンとクレソンのソースで食べるお料理。こぶ茶だけど美味すぎるのはなぜ。





3は姫子が持ってきてくれた、何と!のだめカンタービレの作者が紹介している煮込み料理とのことで、たっぷりの野菜が美味しくいただけるやさしいお味のお料理。




4は塊牛肉を塩コショウしてタタキ風に焼き、薄切りにして並べてルッコラをたっぷりのせ、オリーブオイルを回しかけるだけの手抜き肉料理。でも美味しいの。




5はフランスの代表的な家庭料理。ジャガイモに生クリームとチーズをかけてオーブンに放り込むだけ。ホクホクして美味しい。





6はテクニック不要、時間だけがかかるベイクドチーズケーキ。コーヒーはもとより、赤ワインとのマッチングもトレビア~ン♪








無濾過ヌーボー、ジャケット買いした白のフランスワイン、ストックしてあった赤のフランスワインの3本で間食しちゃいました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
鯛とラフランス
高貴な味わいの鯛とラフランスは、ヌーボー会の定番なり!
2009/12/07 (月) 00:23:42 | URL | parisparis #JalddpaA[ 編集]
うまいっすね~v-218
前回は乾燥タラゴンでしたが、フレッシュが手に入ったのでさらに美味しく作っていただけました。
ごちそうさまでした~v-290
2009/12/10 (木) 21:59:18 | URL | ぶんこ #s4Fw8DyQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 縁側文庫 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。