FC2ブログ
縁側文庫
日々新鮮な生活を送るために、繰り返される日常を楽しく過ごすために始めました。 いろんなジャンルの読み物が集まる私設文庫のようになればいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半年前の釜山ビンボー旅行(5)~最終ミッション:コムジャンウォを食べること
さていよいよ最終日。
コンビニのパンで朝食を済ませ、チャガルチ市場と映画祭会場であるピフ広場に向かった。

乾物も生ものも一緒に並んでいる靴が汚れそうで中までは行かなかった…









チャガルチ市場とは海沿いにある大規模な魚市場で、卸売りなのか小売なのか全くわからず、地元客なのか観光客なのかわからず、とにかく魚を売り買いする人で一杯のところだった。

ビルの中に食堂兼魚屋さんのレストランがあるここでの楽しみ方は魚市場で買った魚をお刺身にしてもらって食べることなのだが、韓子と2人ではとうてい食べ切れないのでこちらはあきらめて、せっかくなので揚げながら売っている魚肉天ぷらを買い(3本1000ウォン)、オデン屋台でオデンを食べた(1本500ウォン)。



市場からしばらく歩くとピフ広場。

シンボルかなにか?ビートたけしの手形がありました












こちらは映画館がずらっと建ち並ぶ通りで、道には監督や映画関係者の手形が埋め込まれていて映画ファンにはたまらない場所だ。こちらにも屋台が並んでいるのだが、誰でも安心して買えるように価格が決められているようだった。

夕方の飛行機までに、最後のミッションに取りかからなければならない。
そう、ヌタウナギ(コムジャンウォ)だ。
チャンミンの「僕は最近ヌタウナギが気になる」という呟きに、
一体何なのそれは?日本にはないでしょう?どうやって食べるの?との疑問がふつふつと沸いてきて
「絶対食べてやる!」と心に誓っていたのだ。

しかし…これがかなり厳しいシロモノだった。
到着してから、お店の水槽を観察してどんなものなのかは理解できていた…
ドジョウのようでうろこがなく、水底に群れをなしてうごめいた状態で売られているのだ。

ドアの左端に書かれていたとりあえず、食べられないものだったら困るので、それ以外のメニューを置いていないような専門店ははずし、看板にその他のメニューと一緒に「コムジャンウォ」とかかれている、丸鶏が店頭に並べられたお店に入って注文!




炭焼きのいいにおいがするが、グロい…うわ~グロテスク!顔以外をぶつ切りにされた状態でコチュジャン、たまねぎとともに炭火で焼かれたモノが出てきた!
食感はまさに「ホルモン」。シコシココリコリしたかなりの歯ごたえを持った魚で、神経か何なのかよくわからない細い糸がぶつ切りされた身から出ている…。
確かに元気になるといううなぎ的な要素を持った食材であることは実感できるのだが、たくさんは食べられなかった。

しかし…何でチャンミンは気になったのか、大人になって食べたいと思う食材であることを言いたかったのか、とにかく釜山名物2人で14000ウォン、ミッション終了~。

例によってボコボコの両手鍋で出てきた…帰国後の夕食のために屋台のトッポッキとチジミを購入し(もちろん、ジップロックとタッパーはスーツケースの常備品)、空港へ。
っと韓子が発見!「ブデチゲ5000ウォンだって~。空港にしては安いよね~」。
はい、もちろんいただきました。星二つ。




ほぼ丸二日の滞在だった釜山。
海沿いには風光明媚なスポットもあり、巨大百貨店では一流品の買い物も出来てスケートショーも楽しめる!ソウルよりも何だかのんびりしてちょうどいい具合の都会というのが感想。
次回はやっぱりノンシムの温泉場だよね。
スポンサーサイト
半年前の釜山ビンボー旅行(4)~素晴らしいナイトツアーとデジクッパ
釜山の観光スポット「ダイヤモンドブリッジ」。
海岸から七色の光を放つ巨大大橋だ。
私のミッションは「眺めて、そして渡ること」。
タクシーを利用し、渡り終えると最も近い地下鉄駅で降ろしてもらい、自力で帰るというのがミッションの全貌だ。
フロントでその旨を伝え、タクシーを呼んでもらい、ついでにミッションの説明もしてもらう。
運転手は少し日本語がわかる人で、案の定、売込みを開始してきた。「写真撮影で車を止める、橋を渡る料金も込み、ホテルまで送ってやる」で5万ウォンだったが「地下鉄で帰らしてもらうわ」と私達。
結局、停車撮影あり、ホテルまで送って3万ウォンで決着☆

ダイヤモンドブリッジ周辺のネオンたち









橋が見える海岸は橋のライトアップも素晴らしいのだが、沿道のネオンがそれ以上に綺麗。
ホテルや飲食店がびっしり並んでいるのでネオンの規模も大きくて途切れることがなく昼間のような明るさなのだ。
もちろん、橋からの眺めも素晴らしくお手軽観光にしては深く感動できたひとときだった。

デジクッパの全容。すばらし~夕食はどうしよう…となり、ホテル付近にさしかかったところで運転手に相談。値切っておいてガイドまでさせるのか!と怒ることもなく、このあたりでとデジクッパのお店を案内してくれた。





デジクッパとはとんこつスープの雑炊で白濁したスープにネギ、薄切り肉、ご飯が入っているのだが、あっさりして辛くはない。しかしながら真っ赤なコチュジャンが添えられているのはもちろんで、地元の人は瞬く間に赤い雑炊にして食べる。
普通のものは3500ウォン!内臓入りは4500ウォン!ッサダ!ッサダ~!(安い!)

店の名前はマッコリサロン安さに感動しながらホテルに向かうと正面にマッコリバーとな!
「行ってみましょうよぉ~」と韓子。明日帰国するし、これだから2泊3日はつらいよなぁと入店。
これが満席。でも私達までが座れたのは強運なのかしらと、マッコリメニューとの格闘がはじまった…。


たぶん、作った人の紹介なんだろうね値段や産地程度はわかるのだがほぼお手上げ状態のため、いわるゆ「ジャケ買い」しようということになりマッコリのならぶ冷蔵庫で好きなラベルデザインのボトルを選んだ。









つきだしはふかしたコグマ(さつまいも)。どこまでいも好きな国民なんだろう!
ラブリーでカラフルな食器で登場!でかい!
テーブルがさみしいからとキムチジョン(キムチチジミ)を注文したのだが、どうよ!この大きさ!



マッコリ1本6000ウォン、ジョン1枚10000ウォンで満腹2次会を終了した。
copyright © 2005 縁側文庫 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。