FC2ブログ
縁側文庫
日々新鮮な生活を送るために、繰り返される日常を楽しく過ごすために始めました。 いろんなジャンルの読み物が集まる私設文庫のようになればいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
末尾「8」で北海道
年賀状の番号によって、サービスが受けられる趣向は昔から一般的。
私がすぐに思い起こすのはボーリング場なのだが、今回のサービスは神戸ベイシェラトンホテル&タワーズなのだ~
末尾「8」の年賀状を持っていけば、一人1店舗につき1回利用できる。割引額は500円也。2月中なのであせって出かけた。(ラッキー番号はいろいろあったのだけど、私の家には「8」以外の幸運は配達されず、この特典しか覚えていない)

こんな感じが3皿ぐらい2月は北海道の食材を使ったバイキングで和洋中どれも凝った料理がずらりと並んでいた。一般価格は確か3800円。
しかし、メインはタラバとズワイ。ゆでた蟹がどかんと山盛りにされていて、どれも食べやすいサイズにカットされているためガシガシといける!
イカ、イクラ、ホタテはもちろん、ちょっとお目にかかれないような海草を使ったラーメン、ジンギスカン、ブイヤベース、北海道産の大豆やアスパラ、じゃがいもと「かなり意地になってんなぁ」とつぶやくぐらい、食材にこだわったメニューばかり~!
スキー場のバイキングしかしらない私にとって、「これはすごい!」と田舎から出てきたおばちゃんのような気分で食べ続けてしまった。
もちろんデザートにはチーズケーキやメロンアイス、小豆の白玉ぜんざいまでいたれりつくせり。

マツモという海草が入ったラーメン。癖になる味かももうひとつの驚きは家族連れが多いこと。
年賀状を握り締めてやってきた私にとって「4人家族でどんだけ使うのさ~」とため息ものだった。リッチな家族って多いのね…。
高齢者も多かったが、シニアは設定価格が低く、ファミレスに行くよりはずっとよいと思うのでこれは理解できる。
おまけに年賀状もちゃんと持っていた。

人間正直に生きねばならぬ!
私にはまだ「8」の恩恵が続くのだ。
スポーツパブ「アリーナ」で一杯。ダーツの点数によってサービスがあるらしく、ダーツファンも多かったのだが、この日の客はほとんどが外国人。バーテンダーやウェイトレスは日本人だが、これが外国人なら旅行さながらの雰囲気だった。カクテル2杯と殻つきピーナッツで1400円。
ありがとう「8」!
スポンサーサイト
copyright © 2005 縁側文庫 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。