FC2ブログ
縁側文庫
日々新鮮な生活を送るために、繰り返される日常を楽しく過ごすために始めました。 いろんなジャンルの読み物が集まる私設文庫のようになればいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変…いやいや、珍しい食べ物3連発
年が明け、連続して珍しい食べ物にであった。

「カレーキーソバ」
だれが思いついたのか岸和田の叔母の家に遊びにいった時、地元でにぎわっている「菊水」という店に連れて行ってもらった(店の名前はいまひとつ自信がない…)。
お好み焼き、中華そば、うどん、丼とおおよそ何でも食べられる町の食堂といったところで、9月のだんじり祭では帰省した人たちがここの味を求めてわんさかやってくるらしい。
メニューに載ってないこの「カレーキーソバ」、カレーのダシに中華ソバを入れたものなのだが、日本蕎麦をいれるよりも相性はいいかも!と思った。中華そばも食べられるこの店ならではのメニューだ。
デザートには菊の形をしたアイスモナカがおすすめ。皮とアイスの隙間がまったくないことにちょっと感動するかも。

「スペインの石炭」
どこから見ても軽石としか思えないクリスマスからお正月にかけてヨーロッパを旅行した友人からもらったもの。珍しいお土産が詰まった「手作りお土産袋」で異彩を放っていた。
曰く「スペインの石炭。珍しいでしょ」。石炭と言えば機関車に放り込んでいる粒だろぉ?軽石みたいだなぁ…と思っていたところ、真相を話してくれた。
聞けば、「スペインではクリスマスのプレゼントはその年によい子でいた子だけがもらえ、よい子でなかった子は靴下に石を入れられる。その石なのよ」とのこと。「でもこれは砂糖でできた石のレプリカ。砂糖菓子よ」     えぇぇぇぇぇ! …確かに甘い。
でも日本にもあったんだよなぁ「富士の石」⇒http://www.miyoshiya.cc/?pid=280566

「いかチョコ(抹茶)」
出てきた半生タイプのするめ、この塊具合がちょっと怖い「こんなん食べる?」と職場の上司がくれたもの。「チョコがけが最初で、抹茶もでたので買ってみた」とのこと。
もっとさらっとしてて、抹茶の粉末をふりかけたものを想像していたのだが、さっきの言葉を思い出し「そうか当然半生だよな。ひょっとして愛知県の会社が製造してたりして…」とパックを見ると「やはりそうか!」。
ヤフーで見るとチョコ、ホワイトチョコ、チーズ、抹茶の4種類パックが販売されている。
お味のほうはというと、「個人的には嫌いではないけれど、とりあえず1つでいい」というところ。おかきを食べると甘いものがほしくなる、ケーキバイキングにあられがほしい、というニーズを一度に満たしてくれる逸品といったところだが、同時には“いか”がなものか。
チーズ味には興味あります。

スポンサーサイト
自宅でてっちり ~ 若男水産とらふぐオーナー
9月に掲載した3年とらふぐをいただくことにした。
http://engawabunko2005.blog29.fc2.com/blog-entry-95.html

年末、メールで届けてほしい日時と調理方法を伝える。
お鍋宴会をする日の午後に到着するようにお願いしたところ、14時から17時の間に到着するように発送するとの連絡。
調理方法はてっさや唐揚などいろいろあるのだが、セコい私たちは「どんなものかわからないし…」という理由で5人で一匹のオーナーになっていることから、とりあえず、中途半端な結果を避けるため、「ぜんぶてっちり用に」ということで注文した。

ここで懸案事項が…。てっちりの味はポン酢で決まる、といっても過言ではない。
「養殖とはいえども「とらふぐ」、ミ○カンの198円はいかがなものか…」という意見があり、神戸そごうに入っているとらふぐ専門店で「ふく醤油」なるポン酢を購入600円也。ちょうどその横に「もみじおろし」も販売していたためこちらも購入400円也。

画面上に見えるのは3年ものだという保障証当日の14時半頃、来ました来ましたとらふぐちゃんが!!
ゆうパックの立派なスチロールの箱に、大きな保冷剤を座布団にして鎮座しているではありませんか!
切り身、てっぴ(皮)、ひれ酒用のひれ、そして白子。
小市民な私はなんとなく計量してしまったのだが、それぞれ750g、100g、4枚、150gだった。


手の大きさと比べて見よ!5人で十分の量である切り身と白子はお鍋に、てっぴは水に1時間ほどさらしてポン酢で、ひれはガスの火であぶり、直火で熱々に燗した安酒に入れていただく。
その辺のお店で食べるてっぴやてっちりと大きな差はなく、しいて言えば、ひれ酒に火が点けられないということぐらいか。ポン酢に張り込んだことは大正解。
白子も一人二切れづつあたり、満足だった~。
ひれ酒とてっぴ。ひれはあぶりなおせば2杯分はいける

いつになくうまくできた♪最後の雑炊も「てっちりねっとりカニさらさら」の原則で作成。一粒の飯粒も残さず平らげてしまった。
気になるお勘定だが、オーナー代金11,000円(送料込)、ビール、デザートのアイス等々の代金を5人で割って一人約3500円!安い!!
来年も注文することになったのは、もちろんのことでR♪

三年とらふぐ養殖専門「若男水産」:http://3nen-torafugu.com

copyright © 2005 縁側文庫 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。