FC2ブログ
縁側文庫
日々新鮮な生活を送るために、繰り返される日常を楽しく過ごすために始めました。 いろんなジャンルの読み物が集まる私設文庫のようになればいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疾風に勁草を知る(しっぷうにけいそうをしる)
ナガイレーベンの白衣の天使

以前、仕事でお会いした方が「若い人に会うとお渡ししてるんです。私の勉強にもなりますし」
と言って、名刺入れから小さな紙切れを出してくれた。
「疾風に勁草を知る」とだけ書かれたこの紙、
なんとなく捨てられなくてパソコンのキーボードに貼ってある。

まいったなぁ…というとき、あらためて意味を検索してみる。
強風にさらされると弱い草は折れ、強い草はすっくとたなびいている、ということから
逆境を通じてはじめて、その人の意志の強固さや真価が分かる、というたとえ。

と、同時にこんな資料も検索で引っ掛かって来た。丸紅経済研究所の資料だ。
非常に昔の資料だが、なんとなく読んでしまった。
そして、今ややただの「白衣」だけはなく「静電気防止白衣」や「DCブランド白衣」の天使もいることがわかり
ついうっかり、ナガイレーベンに投資してしまった。
アホな私はストップ高の日に買注文してしまい、ガックリの日々。
今日やっと買値以上になった。
シップウニケイソウヲシル、とりあえず他力本願だが、がんばれ!ナガイレーベン!!
スポンサーサイト
みやげ物にうまいものなし?ってこともなかった♪
休日に雨が降ると本当に気分が滅入る。出かけることも洗濯することも億劫なので、
農業公園の売店で見つけた「神戸ワインパスタ」なるものを調理することにした。
袋の説明によると、
「上質の神戸ワインをパスタ生地に練りこみデュラム小麦と国内産小麦をブレンドし、手延麺技能士が一昼夜(35時間)の時間をかけて丹念に作った、和製生パスタ」で、
とにかく「ゆで上がりが早く、湯伸びしないのが特徴」らしい。
長い麺
見た目がちょうどリングイネ(少し平たくボンゴレ等魚介に使われるパスタ)のような感じだし、「ワイン独特のまろやかな旨み」もあるらしいので、ソース系ではなく炒め系パスタで“ツナたまリンギパスタ”にすることにした。

(1)フライパンに唐辛子、オリーブオイル、ニンニクを“温める”イメージで火にかけ、香りを出す。パスタ用の湯も沸かす。
(2)その間に、たまねぎ、エリンギをスライスし、ツナ缶の水気を軽く切る。
(3)(1)から唐辛子を引き上げ、アンチョビを入れ、ほぐしながら溶かす。
(4)(3)に野菜類投入。少し炒めてさらにツナ缶投入。胡椒を入れる。
(5)湯が沸くと少量にオイルをたらし、パスタを半分にはさみで切って投入(麺が長い!)。説明には2分とあるがもう少しゆでた方がいいと思う。
(6)パスタの鍋からお玉に1~2杯程度の湯をとってフライパンにいれ、油と乳化させる。「中華あじ」(お助け調味料)を少量入れる。(普通のパスタならオイスターソース、マヨネーズもオススメ。後者の白ねぎ版は美味)
(7)(6)にゆでたてのパスタ投入。炒めながら手早く和える。
ベビーリーフをのっけて

確かに、麺にまろやかさが感じられるではないか!?薄味にしてよかった。
自分でいうのもなんだが、乳化がうまくいったこともあり、麺と具のなじみ具合もいい。
一袋180グラム入り380円也。決して「いやげもの」ではなく、立派な「みやげ物」として使えます。
有馬大茶会
「今年は裏だから絶対前売券買っとってね」とは年金生活者である母からのメール。
そう、秋の神戸の風流イベント「有馬大茶会」のチケットである。

毎年文化の日前後の二日間、有馬温泉のお寺や旅館の庭で茶の湯を楽しむ行事で、
お茶のたしなみがない人でも参加できる。
“今年は裏だから”の意味は裏千家のお手前ということ。
表千家と裏千家が、毎年交代でお茶をたててくれるのであるが、裏千家の年はお手ごろ価格なのである。

前売券には「副席(喫茶)」3枚、「点心席(簡単な料理)」1枚、
「みやげ物10%割引券」「宿泊料15%割引券」「会記引換券」「太閤の湯殿館入館券」各1枚
が付いていて、4500円。
写真のとおり、非常に立派なチケットである(下にあるのは比較のためのテレカ)。
細々と暮らす母が前売券を買ってまで参加したいのだから、よほどのものだろー、
ということで、今年は自分にも購入。
前売り券。でかい!


有馬温泉は日本三大名湯の1つで、宿泊施設は超高級なところが多い。
しかし、神戸に暮らすものにとっては三宮から阪急バスで、電車なら北神急行や神戸電鉄で1時間以内で到着、JR芦屋からなら芦有バス(阪急バス)も利用できるとあって、もちろん日帰りレジャー。
起伏のある路沿いには、土産店、甘味処が並び、泉源めぐりも楽しめる。

さてと3日は、三ツ森で炭酸せんべいと栗饅頭を食べ、玩具博物館の外国製積木で遊び、夕方は金の湯の足湯でほっこりして…おっと、大茶会を忘れていた!
有馬で一番リーズナブルな「小宿とうじ」に泊まることになったりして。
やっぱりタダになった!
Google Earthのサイトより。「ローマは一日にしてならず」

5、6年前、地図をリンクさせたデータベースをつくる仕事に関わったことがある。
当時、大手地図会社の担当者は「もうすぐ地図はタダになります」と話していた。
電子地図が決して特別なものではなくなる、ということだ。

今年6月末、米Googleは世界の衛星画像などを表示できるソフト「Google Earth」を公開した。
現在Googleで公開されている「Google Maps」でも「凄い!こんなんがタダでいいのか!?」と思うのに、
この「Google Earth」をダウンロードすれば、たちまち衛星写真が現れるのだ。
ふふふ、もちろん無料版もある。
解説によると、とある国の軍事基地や、まちをあるく人たちの姿もわかるとか。
くどいようだが「凄い!こんなんがタダでいいのか!?航空写真の会社はどうなるのだ!」である。

が、しか~し!私のPCはMeなので対応できない。今回ばかりは本気で買い換えたいと思った。
余裕ができるまで「Google Maps」のサテライト画面で我慢するしかない…。
Just arrived! 神戸ワイン「みのり」
神戸ワイン「みのり」

どこの地方にも、その地方の季節の味覚がある。
神戸に暮らす私にとって、神戸ワインの新酒「みのり」はその1つだ。
今年の発売日は10月21日。毎年、フランスのボジョレー・ヌーヴォー解禁日の1か月程前に発売される。

ヌーヴォーといえばガメイ種だが、「みのり」は神戸産のメルロー種を使ったフルーティーなライトボディ。
赤ワインの渋さが苦手…という人でも、ぶどうのフレッシュな香りを素直に楽しめる。
私のおすすめは「牡蠣フライ」と。ただし!タルタルソースではなウースターソースという条件付きだ。

今年は農業公園に行く機会があったので、試飲のうえ購入。
試飲樽のものはキンキンに冷えていて、残念ながら香りがわかりにくい。
家では冷蔵庫に入れておいて、食事のしばらく前に出しておいて飲んだ。

限定の赤5万本、白3万本。
兵庫県下と大阪府下などのお店でしか買えないようで、これぞまさに地産地消の「スローフード」。
ご近所の方、その地に暮らす特権を活かしてぜひお試しあれ~♪
長田からの手紙
♪ラブレター フロム 長田  もしもあなたが一緒にいたら
どんなに楽しい旅でしょう  ラブレター フロム 長田
長田のまちを歩いていると  ゴムの匂いがこぼれてきます… (中略)
息が詰まるよなゴムの匂い  どうぞ私に嗅がせてください
ラブレター フロム 長田   あなたのいない一人旅です~♪
(以上、「カナダからの手紙」の旋律でどうぞ)

JR新長田駅。前述の歌のような風景はみじんも感じられない。
正直、震災前の長田区は小学校の教科書に載っている以上の記憶はなく、
今私の中にあるのは、復興を掲げた人々の活躍や目新しい再開発ビルと
駒ケ林に咲くフヨウの花や長田漁港の船具が奏でる透明な音色との妙なコントラストである。

先日、琉球沖縄ワールドでランチ。「タコライス&ソーキソバ」セット700円也。
てっきりタコチャーハンかと思ったら、メキシコ料理のタコスの具がご飯にのっかった丼系の食べ物だった。
ゲゲッとのけぞったが、割と癖になる味。ソーキソバより好きかも♪
お昼の時間なのに(だから?)、サンシンのライブがあった。
拍手する人もいて楽しい雰囲気!何とリクエストにもお答えしてくれるのでR。
タコライス


おっと、ランチだけで満足していてはいけない。
アスタくにづか2番館にあるアスタチャレンジマートTAKE OFFへ。
ここには日本中の「匠の技商品」を扱うお店、ギターを作ってくれる店などが集まっているらしい。
っが、しか~し!定休日ではないか(毎週水曜)!落胆…。
TAKE OFF

今週末から鉄板こなもんまつりなるものも開催されるらしい。
ぼっかけ、そば飯といわゆる「B級グルメ」の聖地ならではのイベント。
内容を見ただけでもおなか一杯って感じの迫力あるイベントである。

関西にはアジアを感じさせる町はたくさんある。
鶴橋桃谷はもちろん、からほりや難波も独特の元気がある。
でも長田はやっぱり神戸。どこかチャラチャラしてイチビリ、なんとなく保守的で安心感がある。
あらためて新しい「長田からの手紙」の歌詞を考えてみると、3番、4番ぐらいまで出来そうだぜ。
一生分の柿~友清柿園「柿の木のオーナー」
柿畑

神戸市観光園芸協会が主催する柿の木のオーナーになって3年目。
毎年初夏に募集があり、1万円~2万円のコースから品種を選ぶ。
1、2年目は富裕柿を選んだが、今年は松本早稲という収穫の早い品種を選んだ。
抽選で木が決定され、代金を振り込むと会員証がやってくる。
台風で実が落ちてしまった場合にはちゃんと保証もされている。
例えば1万円コースなら100個の実の保証があるのだ。【今年の案内ページ

10月~11月の観光柿園がオープンしている間、
会員証を見せれば園内の自分の木から何度も収穫できる。
1年目は約320個、2年目は「台風の塩害で…」とはいえやはり約350個。
今年は小ぶりの品種ではあるが、なんと900個!
5人で行ったので一人当たり180個。すごすぎる。
同じ制度だけれど、毎年毎年満足度上昇!大感激秋季超実感!なのだっ。

選別作業
駐車場柿だらけ。「おたくら、売ってはんのん?」と聞かれた。
新開地映画祭 男子禁制の映画祭です
新開地映画祭

10月21~23日、神戸の新開地でユニークな映画祭が開催される。
コンセプトは「女性限定・エロティック&アート」。
そう、人類の半分だけを対象にした、想像どおりの、非常にわかりやすい映画祭だ。
でも「誰を誘おうか」「一人で行くのもなんとなく…」って感じの人も多いらしい。

震災前、「新開地に行く」と親に告げると眉をひそめられ、帰宅時間をうるさく聞かれた。
震災後は一転、この街の魅力をうまく活かした活動がNPOによって展開されている。
「掘って見るとおもしろいまちだぞ」って感じで、トラクターに乗ってまちを耕しているという絵が浮かぶ。
落語に映画に音楽祭、農業だってやっちゃう!
まちには日比野克彦デザインのアーケードに人の顔を模したシンボルゲートがあり、
期間限定店舗では経営者だって育ててしまうのである。
いまにきっと、うんと肥えた土壌ができ上がるに違いない。

今回の映画祭も、
HPを見る限りではかなり準備に時間をかけた逸品の様子。
2年連続このコンセプトということも、その自信によるものだと思う。
正々堂々とエロスに出合えるいい機会かもしれない。
すいこまれてしまった♪
めったに買うことのないスィーツ。しかし、看板の写真にすいこまれてしまった!
お店の名前はNICO。そごう神戸店地下に最近開店した店である。
看板の写真はヤギ。ヤギのミルクを使ったデザートを扱っているからだ。
このヤギの表情(?)がとっても良い!
こんなヤギのミルクを使ったデザートは一度買ってみないと、と思う表情なのだ。
ヤギのミルク1、レアチーズケーキ1、プリン2個で600円也。手ごろである。
レアチーズケーキにありがちな「妙なレモン臭さ」もなく、シンプル味でよい。
プリンはまさかと思うが、本物の卵の殻に入っている。うまい。量もちょうどいい感じ。
パンフによるとヤギのミルクは人間の母乳に近いらしくアレルギーが出にくいとのこと。
栄養も豊富らしい。すごいぞヤギ!
明日の朝はカフェ・オ・ヤギチチだ!
purin

お気に入りのイタリア料理店~テッセ・マーレ
神戸三宮あるイタリア料理店「テッセ・マーレ」は、誰を案内しても安心なレストラン。
お店の雰囲気にも、お料理にも、いわゆるツンと尖ったところがない。
料理人が一人なので味も安定していて、老若男女、何時行っても満足できるお店です。
カウンター席では一人で食事に来る人も多く、ファン層の厚さがうかがえます。

『セッテ・マーレ』:兵庫県神戸市中央区中山手通1-2-2 ビバコーストビル2階
078-331-2338 定休日:月曜日

あまからグルメの会でもコメントあり:http://www.amakara.net/home/c-salon/amakara/amakara36.htm
kaki

kani

今シーズンお初の牡蠣とカニをいただきました。家で出来そうでできないのよね。
はばタンの顔
habatan
はばタンってご存知かしら。2006年のじぎく兵庫国体のキャラクターです。


兵庫県内あちこちに、この育ちのよさそうな鳥が飛びまくっています。
聞く話によると県内には約30体、すぐに出動できるように着ぐるみが用意されているとか!
でも、国体のキャラクターって、その地元でしか見ませんよね?そういうもんなんでしょうか?

はばタンダンスまであるはばタン倶楽部:http://www.habatan2006.jp/habatan_club/habatan/
「すげぇなぁ~、即戦力だなぁ~」 チルドレンって…?
ちまたで騒ぎ、騒がれている「小泉チルドレン」。
これって、議員1年生だから?まだ何も知らないはずだから?「チルドレン」って言われているのでしょうか?
比例は別として、ちゃんとその議員を選んだ国民がいるのに、この呼び方はちょっと失礼ではないかしら。
「運も実力のうち」という言葉もありんす。

語源かもしれない?杉村太蔵氏ブログ:http://www.sugimurataizo.net/
はたしてどうしたものか
ブームに流され、生まれて初めて投資したコロワイドの株が上がり続けている。
こんなで大丈夫なのかぃ?と思うくらいの株主優待を目当てに買っただけなのに、
「売れ」「売るな」と周りは騒がしい。
優待を見直すとなればちょっと考えようと思っています。
一度行ってみたかったお屋敷
カフェのエントランス

京都市美術館で開催中のルーブル美術館展のついでに、THE GARDEN ORIENTAL KYOTOに行ってきました。
日本画家のお屋敷を改造したイタリアレストランってどうよ!?と前々から一人で興奮していたのです。
高台寺の前を過ぎ、突き当たったところにありました。すげぇ屋敷だぜ!敷居の高そうな玄関だ!
がしかし、立っていたのは気さくな感じの若い係員。よかった。
お昼の3コースのうち真ん中プライスをチョイス。前菜、パスタ、メイン、デザート、お茶で税込約2,000円也。お茶は別のお部屋のカフェコーナーでいただけるのでとてもゆっくり過ごせます。
これだけのお味、時間、空間でこの価格は非常におトク!

栗のブビュレ

食べてから写真に気付いてしまった…栗のクレーム・ブビュレ

かわいいお土産で~す
カプリ島土産
イタリアへの新婚旅行のお土産にいただいたレモンリキュール。
見るからにカプリ島って感じです(いったことないけど…)。
ちょこざいなウォッカグラスっぽいのも付いていてめちゃカワイイ。
飲むのはもったいないし、実はチーズケーキに入れるといいかも?とか今は想像して楽しんでいます。
私の周りで、今年結婚したカップルの新婚旅行先は全てイタリア!
イタリアといえば、映画で見た、すすると音のなるスパゲティを食べてみたいです。
久しぶりの元町ケーキ
ざくろ
神戸元町通商店街5丁目、本通から南に1本入った筋に元町ケーキがあります。
凝りに凝ったうんちくだらけのケーキではなく、
一目見てどんなお味なのかわかっちゃう素朴なケーキがずらり。
イートイン可能で、ケーキはレジで注文、飲物は店内の自販機で買うというシンプルなシステムも気に入ってます。
いつもたくさんのお客さんであふれかえっているのですが、運よくすぐに入れました。
この日は定番の「ざくろ」をチョイス!
安全な鉄アレイ?
ジムボール
何だかわかります?
お気楽体操グッズとでもいいましょうか、ジムボールというトレーニンググッズです。
ジャパンで約600円也。
こう見えても1.5kgありまして、これを持って体操するとじんわり汗かきます。
中身を想像するに砂っぽいものが入っている様子。鉄アレイというよりも砂袋という表現がピッタリかも。
1kgのピンク玉もあります。
ブログはじまる
「ブログをはじめる!」と宣言してから2か月。
やぁっと登録しました。今後の目標は続けること、でしょうね。
copyright © 2005 縁側文庫 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。