FC2ブログ
縁側文庫
日々新鮮な生活を送るために、繰り返される日常を楽しく過ごすために始めました。 いろんなジャンルの読み物が集まる私設文庫のようになればいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コリアンヒップホップへのいざない
私のK-POPの情報源は東方神起のユチョンが自身のサイトで不定期に更新している音楽リストだ。聴く量が半端じゃないと言われている彼だけあって、さまざまなジャンルがアップされる。その中からもっと聴いてみたいと思ったアーティストをリストアップして臨んだのだが、さすがダウンロードの国、CDはよほど売れるものしか再販されず、リリース年が古いものは入手できなかった。

私は一切ヒップホップを聴いたことがなかったし興味もなかった。でも今回買ってみたものはどれもめちゃくちゃカッコいい!
特に次の4枚は"ジャンル違い"と言えそうなくらい雰囲気が異なるので、ぜひとも記しておきたい(ちなみに半分はリパッケージ盤だった)。読むだけではうまく伝わらないと思うので、ユーチューブでリンクすることにした。

 【Museum / MC Sniper】
雰囲気のある紙ジャケット。なのにスナック菓子の油ジミをつけてしまっだ~TT 韓国はアルバムの国ということが非常によくわかる。自身の恋愛をつづった歌詞とそれらをイメージした絵画の冊子が同封されている。クラブでの出会い、悶々とした別れの状況などなど弦楽器やピアノ、R&B、ポップス調の旋律にあわせて次々と語っていく。ヒップホップで、一貫した世界をいろんな雰囲気で表現できるなんて、と素直に驚いた。
이별의 숲(別離の森)
부산에서(feat.태완)(釜山にて)


 【Horror Show/ MC 몽(モン)】
こちらも紙ジャケ。フォト&歌詞の冊子付き韓国ではバラエティー番組にも出演する人気者で、確かに話す声も素敵。何といってもフィーチャリングが上手でいろんな曲がテンポよく飛び出すおトク感あふれるアルバムだ。聴きやすく誰にでも受け入れられるヒップホップで退屈しない。「お前にヒップホップがわかるのかと言われるが、書く詩、作る曲のすべてが僕だ」と素直に語る彼に好感が持てる。
나는... (feat. Ivy)(私は…)
Lucky Man


 【out of control / 배치기(べチギ)】
写真を見る限りどこにでもいそうなフツーの好青年なんだけど…聴いた途端「カッコいい!」と叫んだ。渋い声とノーマル声の2人の掛け合いで、テンポよく元気よくどんどんガシガシ進んでいく!こちらもフィーチャリングによる展開で全く飽きない。ユチョン紹介曲は女性Vo.をフィーチャーしたものだったので、私買い間違えた?とも思ったが、確かにその曲も収められていた。前出のスナイパーのレーベルから発売。
NO.3
웃고 울고 또 웃네 (feat. 호연주)(笑って泣いてまた笑う)

 【ELUPHANT BAKERY / ELUPHANT】
ジャケサイズのポップなシールが6シートも付いていま~す☆リパッケージだからなのか歌詞カードがない。ジャケットもシールがたくさん同封されていて「好きにデザインしてチョ」って雰囲気。内容は…カフェのBGMにピッタリの曲満載で、一昔前の「シブヤ系」という言葉が浮かぶ。ボサノバでラップ、囁きでラップ、もちろんクラブ系もあり、何とパンソリ調まで出てきて、前出のベチギの完成度とはまた違った完成度の高さで私を魅了してくれるのだ。とにかくオッサレ~♪
Pink Polaroid (봄날의 곰 Mix)
꿈의 터널 (feat. Soulman)(夢のトンネル)

スポンサーサイト
生トンに関する考察~偵察員からの報告
私の母は72歳。東方神起(以下トン)の大ファンである。
セオリー通り年配女子支持率№1のユノにはまり、歌と踊りを知るにつれ今はジュンス、ラ~ヴ!!だ。
昨年のクリスマスプレゼントに活動記録DVDをプレゼントすると「今までもらった贈り物の中で一番嬉しい…」とのたまう始末。折紙のカーネーションとかクレヨンで書いた似顔絵をもらったときの感動はどこに行ったのか。

看板。4月にMTVで放送されるみたい実家に帰ると「T」を始めとするCDが積み上がっている。
そんなとき友人から母にと誘いが…USJの東方神起ライブである。ファンクラブ限定でチケット発売されたもので、運よく私にお話が回ってきたのだ。
結局彼女は考えあぐねた結果「偵察員」として私を送り込むことにした。「高齢者でも参加できそうなイベントならファンクラブに入ってもいいと考えているので見てきてほしい」という訳だ。そこまで考えていたのか、我が母よ!

派手な舞台が浮かんでいるラグーン11時と3時の2回の営業公演で私たちのは2回目。しかし、会場はラグーン内の水上舞台。音はダダ漏れなので1回目のものも立ち聞き。前座の歌手2曲とトン5曲。2回目は前座3曲とトン5曲。トンは1曲だけ1回目と曲を変えていた。




午前中に撮影。こんなに悪い画像なので掲載を許してたもれ~そこで偵察。
確かに年配女性はかなり多いが高齢者とまでは行かない。今回のイベントはスタンディングなので高齢者はつらかろう。営業公演までの待ち時間が長いのでトイレにもいきたくなるだろう…。
ということでファンクラブイベントへの期待はしないほうがよい、との結論に達した。
誘ってくれた友人のご意見は「座席指定なら高齢者でも大丈夫かと」。高齢者が指定席で生トンを見るチャンスはライブ。しかしファンクラブに入らないと(今では入っても、らしいが)チケットはなかなかとれない…。でもでっかく見れる席なんてとっても高額~(歌舞伎以上)。

がしか~し!彼らの歌唱力はすごかった。
CDは補正をかけている場合もあり下手には聴こえない。テレビの生歌は上手い。ではライブは?と思っていたのだが、どの曲も「だめじゃ~ん」と思わせるようなところがなかったのだ。ダンスは手を抜いていると感じた部分があったが、歌は素晴らしかった。

そこで「米粒ぐらいの大きさでも生歌を聴く価値があるか」と問われた場合、どういう答になるのか、偵察員として依頼主に聞いてみるしかないのであった。
ちなみに私は有天ラ~ヴ。今日の私の第一声「あの色の白さはなんざんしょ!?」

新開地映画祭 男子禁制の映画祭です
新開地映画祭

10月21~23日、神戸の新開地でユニークな映画祭が開催される。
コンセプトは「女性限定・エロティック&アート」。
そう、人類の半分だけを対象にした、想像どおりの、非常にわかりやすい映画祭だ。
でも「誰を誘おうか」「一人で行くのもなんとなく…」って感じの人も多いらしい。

震災前、「新開地に行く」と親に告げると眉をひそめられ、帰宅時間をうるさく聞かれた。
震災後は一転、この街の魅力をうまく活かした活動がNPOによって展開されている。
「掘って見るとおもしろいまちだぞ」って感じで、トラクターに乗ってまちを耕しているという絵が浮かぶ。
落語に映画に音楽祭、農業だってやっちゃう!
まちには日比野克彦デザインのアーケードに人の顔を模したシンボルゲートがあり、
期間限定店舗では経営者だって育ててしまうのである。
いまにきっと、うんと肥えた土壌ができ上がるに違いない。

今回の映画祭も、
HPを見る限りではかなり準備に時間をかけた逸品の様子。
2年連続このコンセプトということも、その自信によるものだと思う。
正々堂々とエロスに出合えるいい機会かもしれない。
copyright © 2005 縁側文庫 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。