FC2ブログ
縁側文庫
日々新鮮な生活を送るために、繰り返される日常を楽しく過ごすために始めました。 いろんなジャンルの読み物が集まる私設文庫のようになればいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半年前の釜山ビンボー旅行(5)~最終ミッション:コムジャンウォを食べること
さていよいよ最終日。
コンビニのパンで朝食を済ませ、チャガルチ市場と映画祭会場であるピフ広場に向かった。

乾物も生ものも一緒に並んでいる靴が汚れそうで中までは行かなかった…









チャガルチ市場とは海沿いにある大規模な魚市場で、卸売りなのか小売なのか全くわからず、地元客なのか観光客なのかわからず、とにかく魚を売り買いする人で一杯のところだった。

ビルの中に食堂兼魚屋さんのレストランがあるここでの楽しみ方は魚市場で買った魚をお刺身にしてもらって食べることなのだが、韓子と2人ではとうてい食べ切れないのでこちらはあきらめて、せっかくなので揚げながら売っている魚肉天ぷらを買い(3本1000ウォン)、オデン屋台でオデンを食べた(1本500ウォン)。



市場からしばらく歩くとピフ広場。

シンボルかなにか?ビートたけしの手形がありました












こちらは映画館がずらっと建ち並ぶ通りで、道には監督や映画関係者の手形が埋め込まれていて映画ファンにはたまらない場所だ。こちらにも屋台が並んでいるのだが、誰でも安心して買えるように価格が決められているようだった。

夕方の飛行機までに、最後のミッションに取りかからなければならない。
そう、ヌタウナギ(コムジャンウォ)だ。
チャンミンの「僕は最近ヌタウナギが気になる」という呟きに、
一体何なのそれは?日本にはないでしょう?どうやって食べるの?との疑問がふつふつと沸いてきて
「絶対食べてやる!」と心に誓っていたのだ。

しかし…これがかなり厳しいシロモノだった。
到着してから、お店の水槽を観察してどんなものなのかは理解できていた…
ドジョウのようでうろこがなく、水底に群れをなしてうごめいた状態で売られているのだ。

ドアの左端に書かれていたとりあえず、食べられないものだったら困るので、それ以外のメニューを置いていないような専門店ははずし、看板にその他のメニューと一緒に「コムジャンウォ」とかかれている、丸鶏が店頭に並べられたお店に入って注文!




炭焼きのいいにおいがするが、グロい…うわ~グロテスク!顔以外をぶつ切りにされた状態でコチュジャン、たまねぎとともに炭火で焼かれたモノが出てきた!
食感はまさに「ホルモン」。シコシココリコリしたかなりの歯ごたえを持った魚で、神経か何なのかよくわからない細い糸がぶつ切りされた身から出ている…。
確かに元気になるといううなぎ的な要素を持った食材であることは実感できるのだが、たくさんは食べられなかった。

しかし…何でチャンミンは気になったのか、大人になって食べたいと思う食材であることを言いたかったのか、とにかく釜山名物2人で14000ウォン、ミッション終了~。

例によってボコボコの両手鍋で出てきた…帰国後の夕食のために屋台のトッポッキとチジミを購入し(もちろん、ジップロックとタッパーはスーツケースの常備品)、空港へ。
っと韓子が発見!「ブデチゲ5000ウォンだって~。空港にしては安いよね~」。
はい、もちろんいただきました。星二つ。




ほぼ丸二日の滞在だった釜山。
海沿いには風光明媚なスポットもあり、巨大百貨店では一流品の買い物も出来てスケートショーも楽しめる!ソウルよりも何だかのんびりしてちょうどいい具合の都会というのが感想。
次回はやっぱりノンシムの温泉場だよね。
スポンサーサイト
半年前の釜山ビンボー旅行(4)~素晴らしいナイトツアーとデジクッパ
釜山の観光スポット「ダイヤモンドブリッジ」。
海岸から七色の光を放つ巨大大橋だ。
私のミッションは「眺めて、そして渡ること」。
タクシーを利用し、渡り終えると最も近い地下鉄駅で降ろしてもらい、自力で帰るというのがミッションの全貌だ。
フロントでその旨を伝え、タクシーを呼んでもらい、ついでにミッションの説明もしてもらう。
運転手は少し日本語がわかる人で、案の定、売込みを開始してきた。「写真撮影で車を止める、橋を渡る料金も込み、ホテルまで送ってやる」で5万ウォンだったが「地下鉄で帰らしてもらうわ」と私達。
結局、停車撮影あり、ホテルまで送って3万ウォンで決着☆

ダイヤモンドブリッジ周辺のネオンたち









橋が見える海岸は橋のライトアップも素晴らしいのだが、沿道のネオンがそれ以上に綺麗。
ホテルや飲食店がびっしり並んでいるのでネオンの規模も大きくて途切れることがなく昼間のような明るさなのだ。
もちろん、橋からの眺めも素晴らしくお手軽観光にしては深く感動できたひとときだった。

デジクッパの全容。すばらし~夕食はどうしよう…となり、ホテル付近にさしかかったところで運転手に相談。値切っておいてガイドまでさせるのか!と怒ることもなく、このあたりでとデジクッパのお店を案内してくれた。





デジクッパとはとんこつスープの雑炊で白濁したスープにネギ、薄切り肉、ご飯が入っているのだが、あっさりして辛くはない。しかしながら真っ赤なコチュジャンが添えられているのはもちろんで、地元の人は瞬く間に赤い雑炊にして食べる。
普通のものは3500ウォン!内臓入りは4500ウォン!ッサダ!ッサダ~!(安い!)

店の名前はマッコリサロン安さに感動しながらホテルに向かうと正面にマッコリバーとな!
「行ってみましょうよぉ~」と韓子。明日帰国するし、これだから2泊3日はつらいよなぁと入店。
これが満席。でも私達までが座れたのは強運なのかしらと、マッコリメニューとの格闘がはじまった…。


たぶん、作った人の紹介なんだろうね値段や産地程度はわかるのだがほぼお手上げ状態のため、いわるゆ「ジャケ買い」しようということになりマッコリのならぶ冷蔵庫で好きなラベルデザインのボトルを選んだ。









つきだしはふかしたコグマ(さつまいも)。どこまでいも好きな国民なんだろう!
ラブリーでカラフルな食器で登場!でかい!
テーブルがさみしいからとキムチジョン(キムチチジミ)を注文したのだが、どうよ!この大きさ!



マッコリ1本6000ウォン、ジョン1枚10000ウォンで満腹2次会を終了した。
半年前の釜山ビンボー旅行(3)~冬のビーチリゾートとギネス百貨店
ヘウンデの漢字表記釜山2日目。












海から見たパラダイスホテル当初宿泊を考えていたヘウンデのパラダイスホテルの朝食へ。
一般的なバイキングだけど、ビーチをみながら食事ができるステキなレストランだった。





サツマイモデコレーション。生まれてはじめて見たクリスマス前とあって、デコレーションケーキが並んでいるのだが、日本とあんまり変わらないなぁと思いきや!「さつまいもケーキ」とな…。
さすがコグマ好きの国民(サツマイモはハングルでコグマ)だけあります!
デコレーションケーキにして売ってしまうなんて~。
コグマって実は特別なん?日常のおやつを特別にしてみたん?


フィルムをイメージした看板こんな細いとは!本番の映像を見てみたい☆









ここは釜山映画祭のレッドカーペットの場所で、秋にはスタァや映画ファンであふれかえる場所だ。
華やかな映像を見たことのない私は海沿いのレッドカーペットがなかなかイメージできなかったが韓子は狂喜乱舞して撮影していた。


海のまちだけあって、モチーフは珊瑚かしら砂浜を散策しながら腹ごなしをし、ギネスブックに世界一でかいデパートとして掲載されている「新世界百貨店」に行く。
地下鉄の駅から直結した入口で、何とロッテ百貨店と隣同士にあるではないか!?








海のまちだけあって、吹き抜けは巻貝のイメージかしら大きな吹き抜けのある店内だが、広々とした雰囲気ではなかった。
しかし、端から端までは遠く、広いというよりも何せデカい!と実感できる建物だった。
なにやらスパまであるそうで完全制覇するには1日では足りないらしい。







ジャジャ麺と冷麵








ロシア方面の方々がショーに出ていた昼食時、フードコートで冷麵を、韓子はジャジャ麺を待っていると…、
え!スケートリンクがあるの!?スケートショーを見ながら食べれるの!?
それも百貨店で!?
リンクはかなり広く、大勢で滑ったり、童話をモチーフにしたプログラムなど結構な長さで演目が繰り広げられていた。


さすが世界一の百貨店だけあるわ~。やっぱりキムヨナの国だわ~。
確認はしなかったが、屋上には人工スキー場があったかもしれないなぁ。

ゆぢょんグ~ン、掲載写真のチェックした?もちろんお隣のロッテ免税店にもお立ち寄り。
JYJのありえない営業写真を撮影し、ひとまずホテルへ。

いよいよ私のミッション、ダイヤモンドブリッジへ突入だ~


半年前の釜山ビンボー旅行(2)~垢すりはソウルのほぼ半額
プサンナリエ。明るくてきれいでした夕食終了後、唯一下調べをしていたサウナを探す。
誰に尋ねても「オプソヨ~」。何と!つぶれていたのだ!お風呂は!垢すりは!どうしよう…。
ホテルでたずねてみると近所のビルにあるサウナを紹介してくれた。
入場料は確か9000ウォン程度。これが…過去最高に地元向け…。
強烈だわ~。不安だわ~。






サウナのユニフォーム風呂場の入口には山積みになった使用済みタオルの山(写真の右下をごらんあれ)。

だらしなく座っているねぇちゃんに垢すりをリクエストすると、床に寝そべって休憩している垢すりねぇさんに「仕事はいったよ~」的な指示をしてくれた。


垢すりねぇさんはなかなか愛想がよく、しばらく呼ぶまで待ってろ的なことを言い、韓子と2人湯船に入っているよう指示を出した。

ここで驚きの発見!浴室にトイレがあるのだ!
日本では浴室エリアに行く前にトイレを済ませておくルールがあるのだが、ここでは入浴中にトイレをすることが出来るのだ!なんて合理的なの~と少し感動。
垢すりには洗髪、マッサージ、保湿ジェルの塗布が付いていた。
一体いくらなんだろうか…と、出てから例のねぇちゃんに確認すると25000ウォンとのこと(2000円程)。ッサダ!ッサダ~!(安~い!)

例によってホテルに帰ったのは深夜1時。
夕方以降、かなり濃かったわ。
それを見守るギネスビール広告塔のイケメン☆ウソン像悪趣味な待ち合わせ広場。すごいセンス
半年前の釜山ビンボー旅行(1)~とにかく行ってみよう
土曜深夜放送の「イラッとくる韓国語」
夏が来そうだとういのに冬ロケの放送をしてるわ~と思いながら見ているのだが、私も12月に釜山に行ってたんだと思い出した!

常々韓子とは「釜山が気になる」と話していたのだが、何気に釜山エアで検索してみると往復9800円!?ってことで2泊3日で出かけることにした。
しかしながら「韓国第2の都市」「南のほうにあるらしい」ってことしか知識がない私達。
韓子の友達は「ロッテ釜山にしか泊まったことがない」、稲実ちゃんは「山奥でヤギを食べた」としか言わない…。
そんな中、韓子はオフシーズンのビーチリゾート宿泊案を、私はラーメン会社のノンシムが経営する温泉地宿泊案を提案しあったのだが、結局地の利がよいソミョン、そしてとことんLCCの旅を満喫すべく1泊1部屋3,000円のエンゼルホテルで泊まることにした。つまり2泊で1人あたり3000円、くどいようだが1人1泊1500円である!

木曜午後休暇で夕刻に関空出発、釜山には20時までに到着。
空港からはリムジンバスなのだが、なかなか来ない…。っとそこに市内行きの路線バスが!
韓子と速攻、会議開催。変な方向に行きそうなら降りてタクシーに乗り換えることで合意、運転手に「ソミョン?ソミョン!?ソミョン!」と必要以上に確認し、1800ウォンを払って乗り込む。そう、日本円で150円。

ここからが大変である。
困ったことに巡回バス、楕円にハングルのバス停が描いてあるだけの路線図とアナウンスだけが頼りだ。
強敵は車内で流れているラジオ放送で、どれが車内アナウンスなのかわからない!
路線図にロッテホテルの文字を発見!車窓とガイドブックの地図を確認しながら、耳を研ぎ澄ませ「おそらくここらだろう…」と下車。
ここで韓子がハングル学習の成果を発揮!目印である図書館を発見し難なくホテルに到着した。

オンドルなので布団は薄い日本語でチェックイン、オンドル部屋に布団が敷かれた小さな部屋だったが、暖かくテレビもあるし1500円なら十分だった。








9時頃、1鍋20000ウォンのヘムルタン(海鮮鍋)の夕食。チャミスルとご飯込み1人1000円程度で満腹~。
海鮮の街であることを実感させられた。これを2人でって…きゅうりのキムチが美味しかった!



紙コップの使い方その足でロッテ裏手にある屋台通りでホットックの屋台を発見!
ここでも人気らしく行列していた。700ウォンでソウルよりも安く、ナッツがたくさん入った砂糖をガシっとはさんでくれるのだ☆














すばらしい釜山の夜~☆
にわか旅行とはいえかなり期待できそうだわ~☆
copyright © 2005 縁側文庫 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。